初めてコンタクトつける時ってドキドキですよね。うるおい大切な目を大事にしましょう。
あなたで
人目
コンタクトでイメージチェンジ  
コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄 ケアの必要性
 
TOP
ドライアイとは
目のケア
トラブル
Q&A
 

コンタクトレンズを使い始める前は慎重だったのに、使い始めた後は、その便利さとカンタンさに慣れるにつれて、最低限のルールさえも守らず目のトラブルに悩まされたりしてませんか。後悔する前に、しっかり頭に入れて身につけておこう!
コンタクトに変更するだけでも大分印象が違うけど、カラコンで好印象UP!ナチュラルに黒目を大きくはっきり見せてくれるものもあるみたい!


目の状態は、体調や周囲の環境などさまざまな要因によって常に変化しています。また、あなたが使用するコンタクトレンズの種類によっても目に与える影響は変わってきます。自分の大切な目を守るために、誤った理解や使い方がないように心がけてください。

定期的なレンズの交換われないように!
コンタクトレンズを快適に使用するために、使用する製品毎に定められたレンズの交換期限を守ってください。
1日使い捨てタイプなら毎日、1週間連続装用タイプの場合は、1週間(7日間)ごとに新しいレンズと交換します。使用済みのレンズをケアして再使用したりすることはできません。
2週間交換タイプの場合は、実際に使用した日数の合計ではなく、ブリスターパックを開封した日から2週間(14日間)後に、新しいレンズに交換しなければなりません。
交換期限の過ぎたレンズは、毎日のレンズケアでも落としきれない汚れの影響などで、思わぬ目のトラブルにつながる可能性があります。使用回数・日数に関わらず、開封から交換期限を過ぎたものは絶対に使用しないようにしてください。

1日の装用時間を守りましょう
装用時間(コンタクトレンズを目に入れて使用する時間)は、コンタクトレンズの種類や装用する人の目の状態によって様々ですが、終日装用で使用するレンズの場合は、一般に1日12〜16時間が目安となります。
角膜(黒目の部分)には血管がなく、眠っている間も涙などを通して必要な酸素を取り入れているので、装用時間を守らないと酸素不足によって目の抵抗力が弱まり感染症にかかりやすくなったり、長時間の酸素不足が続くと角膜内部の細胞数が減少してしまうこともあります。
連続装用タイプのレンズの場合は、眠っている間もレンズをつけたままにしておくことができますが、事前に眼科医による検査を受け、連続装用ができる目の状態であるかなどを確認した上で眼科医の指示に従って正しく使用する必要があります。また、連続装用できる日数には個人差がありますので、眼科医から指示された日数を必ず守るようにしてください。
目の状態には個人差がありますので、含水率や酸素透過性などの数値だけを見て自分の判断で装用時間を伸ばしたりすることはできません。必ず眼科医の診察を受け、その指示に従って、目に負担をかけないように装用時間を守りましょう。

取り扱い方法を守って正しく!
コンタクトレンズはとてもデリケートな医療機器です。
取扱い方法を誤るとレンズにキズが付いたり、ひどい場合は破損したりすることもあり、そのようなレンズを使うと今度は目にキズが付くなどトラブルの原因になることがあります。
また、ケア用品についても誤った使用方法では十分な効果が得られず、トラブルの原因になってしまいます。
正しい使用方法は、そのままあなたの瞳を守ることにつながります。製品に付属している添付文書や使用説明書をよく読み、正しい取扱い方法を必ず守ってください。

異常がなくても定期検診
コンタクトレンズはとてもデリケートな医療機器です。
取扱い方法を誤るとレンズにキズが付いたり、ひどい場合は破損したりすることもあり、そのようなレンズを使うと今度は目にキズが付くなどトラブルの原因になることがあります。
また、ケア用品についても誤った使用方法では十分な効果が得られず、トラブルの原因になってしまいます。
正しい使用方法は、そのままあなたの瞳を守ることにつながります。製品に付属している添付文書や使用説明書をよく読み、正しい取扱い方法を必ず守ってください。

異常を感じたらすぐに眼科へ
コンタクトレンズをつける前に目ヤニや充血がないかなどを確認するほか、レンズをつけた後にも異物感や見え方に異常がないかを確認してください。
コンタクトレンズに目に見えないキズや付着物などがあると、目に装用した時に痛みを感じたり、ゴロゴロするなどいつもと違う感じがします。こうしたレンズの異常ばかりでなく、ものもらいや結膜炎などの病気がある場合もいつもと違う感じがすることがあります。
少しでも異常を感じた時は、すぐにレンズを目からはずし、定期検査のスケジュールに関わらず、直ちに眼科医に相談するようにしてください。

注目サイト

So-net
http://www.so-net.ne.jp/

2014/10/16 更新


コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄  

ケアの必要性 ドライアイとは 目のトラブル 目のケア Q&A  TOP