初めてコンタクトつける時ってドキドキですよね。うるおい大切な目を大事にしましょう。
あなたで
無料カウンター人目
コンタクトでイメージチェンジ  
コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄 ケアの必要性
 
TOP
ドライアイとは
目のケア
トラブル
Q&A
 

涙の役割

目の角膜や結膜に栄養を与える作用
目の表面が乾燥しないように潤いを与える効果
目に細菌を繁殖させないための殺菌効果(リゾチーム) 紫外線を防ぐ効果
目に入ったゴミや異物を洗い流す作用 など、涙には目の角膜や結膜を異物や乾燥から守る大切な役割があります

ドライアイとは
涙の減少・変化によって、目の表面、角膜や結膜の健康が損なわれる状態を「ドライアイ」といいます。おおまかにいえば「目が乾く」が代表ですが、その病態は実はとても複雑です。涙の分泌が減って涙が不足する、涙の蒸発が増えて目が乾く、涙の安定性がわるくなる。これらにより、角膜や結膜の表面が肌荒れのような状態となり、目の不快感、疲れなどの症状があらわれます。また、その痛みや刺激によって涙がポロポロとたくさん出てしまう「ウエットタイプのドライアイ」などもあります。中にはドライアイになってしまうため、メガネのタイプの通販に変更する人もいます。

ドライアイの原因
原因は複合的と考えられています。現代人は涙が減少傾向にある、という報告もありますが、この原因は不明です。それに加えて、現代社会は涙を乾かす要因に満ちていることがあげられます。パソコンやテレビ、ケータイ画面などのモニターを見続ける生活により、まばたきが減少して涙が乾きやすくなります。室内の冷暖房などの空調により室内が乾燥しがち。また、涙の分泌は副交感神経(リラックスしたとき)に支配されており、交感神経優位(緊張時)には減少することが考えられます。ストレスの多い現代社会、さらに夜型の生活など、ライフスタイルの関与も指摘されています。加齢とともに涙量の減少や、安定性の低下なども報告されています。 コンタクトレンズの長時間・長期使用により、目の表面が荒れるなど涙の安定性が損なわれ、ドライアイを発症する例や、レーシックなどの目の手術後に、ドライアイを発症する例も報告されています。

ドライアイの症状
目の乾き・ごろごろした感じ・熱い感じ・充血・目の疲れなどがあります。また、夕方になると充血がひどくなったり、まばたきが増える人もいます。冬場の暖房により症状が悪化したりしますが、湿度の高い梅雨の時期や入浴すると調子がよくなります。これらがドライアイの特徴です。

予防と日常生活
ドライアイの多くは、VDTの長時間使用などのライフスタイルが影響していることが多いので、日々の注意でドライアイにならない、悪化させないことが大切です。以下に、その注意点をあげましょう。

1.パソコン作業などで画面に向かう時は、まばたきを意識的に増やします。
長時間のデスクワークに携わる人は、1時間に15分はコピーなどほかの作業を交えて体を動かしたり、休憩を交えるようにしましょう。

2.画面に照明や窓の光が映り込むと、画面が見づらくなり、凝視(まばたきをせずにじっと見つめること)が起きます。また、文字が小さくても同様です。見やすい画面で作業しましょう。

3.空調の風が顔にあたると、目はすぐ乾いてしまいますので、仕事環境にも配慮しましょう。室内が乾燥している場合は加湿器を置くなど、適度な湿度に注意しましょう。

4.目が疲れたら、蒸しタオルをまぶたの上にのせて5分ほど休憩しましょう。

5.午後や夕方になると目の調子が悪くなる、という人はドライアイの可能性が大です。ドライアイに詳しい眼科で検査を受け、早期の対処で悪化させないようにしましょう。

6.コンタクトレンズを使用していて、目がゴロゴロする、充血する、などの症状が出る場合は、ドライアイの可能性が大です。そのような状態でコンタクトレンズを月か居続けることはさらに病状を悪化させることになります。コンタクトレンズの使用は中止する、または違和感が出ない程度の短時間使用にして、メガネと併用しましょう。メガネを使用したくない場合は、レーシック等の手術でコンタクトレンズを不要にする治療も選択肢となります。

7.市販の点眼薬や洗浄液の乱用は、その時は快適に感じても、かえって症状を悪化させることが多々あります。点眼薬に含まれる防腐剤や刺激物の副作用のほか、貴重な自分の涙を洗い流してしまうことになります。眼科で適切な指導と治療を受け、自分の涙を増やすように心がけましょう。

8.ドライアイは、アレルギーなどを併発する場合も多くみられます。また、ドライアイだと思っていたら、違う病気であったという場合もあります。目の疲れや違和感を感じる時は、自己判断に頼らずに眼科を受診してください

涙の分泌量が減ると、上記のような効果が得られないので多くの目の不調を引き起こす原因にもなります。テレビやパソコンの作業を長時間続けるとまばたきの回数が減るので、涙の分泌量も減ります。
涙の分泌が減るとドライアイなどの眼病にも繋がるので、意識的にまばたきの回数を増やしたり、涙の成分と同じ成分である点眼薬を活用して目の不調を未然に防ぎましょう。


check

最終更新日:2017/2/10

コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄  

ケアの必要性 ドライアイとは 目のトラブル 目のケア Q&A  TOP