初めてコンタクトつける時ってドキドキですよね。うるおい大切な目を大事にしましょう。
あなたで
無料カウンター人目
コンタクトでイメージチェンジ  
コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄 ケアの必要性
 
TOP
ドライアイとは
目のケア
トラブル
Q&A
 

コンタクトレンズの種類について
コンタクトレンズは、自分のライフスタイルや目の状態に合った種類のレンズを選ぶことが重要です。
種類の違いによる特長や、使い方の違いをご紹介しています。

ハードコンタクトレンズ
名前の通り、水分を含まない、プラスチック製の固いレンズです。
また、ハードレンズに酸素を通す工夫をほどこしたレンズが「O2レンズ(酸素透過性ハードレンズ) 」と呼ばれ、現在ハードレンズと呼ばれているものの大部分がこのレンズです。構造が網目状のザルのようになっており、そのザルの隙間を通って酸素が瞳に供給されるしくみになっています。コンタクトレンズの中で、最も酸素を補給できるタイプですので、長時間装用の方にお勧めです。また、乱視矯正にも優れているレンズです。

ハードレンズの利点
・酸素透過性が高い。
・寿命が長いので安上がり。3年前後使える。
ハードコンタクトレンズの欠点
・慣れるまでは違和感がある。
・ソフトよりもずれやすく、外れることがある。

ソフトコンタクトレンズ

水分を含むと柔らかくなるプラスチックを使用したコンタクトレンズです。水とよくなじむ素材で、主にコンタクトレンズに含まれる水分から酸素を瞳に供給します。ソフトレンズは、その名前の通り柔らかく水をたくさん含んでいるので、つけ心地が非常に良いレンズです。また、レンズがずれにくく外れにくいので、スポーツ時にもお勧めです。なお、使い捨てレンズはすべて、ソフトレンズです。
ソフトレンズの利点
・初めから違和感が少ない。
・激しい運動をしてもずれたり、外れたりしにくい。
ソフトコンタクトレンズの欠点
・ハードより酸素透過性が少ない。
・ハードより寿命が短い。
・通常のソフトで1年から1年半位。
(最近ではこれらのソフトレンズの欠点を補うために
使い捨てソフトレンズが急速に普及してきています。)

使い捨てコンタクトレンズと通常のコンタクトレンズ違い

使い捨てタイプは、レンズに蓄積される汚れが目に与える悪影響を抑えることができ目の健康にも理想的な上、紛失や破損などのトラブルにも心配がいらないため最近の主流となっています。使い捨てタイプには、1日使い捨て、2週間交換、1週間交換などがあります。ライフスタイルや経済性などを考慮して自分に合ったタイプを選ぶのが良いでしょう。
使い捨てコンタクトレンズ利点
・装用感が良い。
・汚れる前に捨てるので清潔。
・ワンデータイプの場合、 洗浄や消毒などのケアがいらない。
・見づらくなったとき、度数交換が楽。
・破損や紛失などによる損失が少ない。
・お試しで実際に何日間か使ってみることができる。
・予備のレンズが手元にあるので安心。
使い捨てコンタクトとレンズの欠点
・コストがやや高め
通常のコンタクトレンズ利点
・コストが少なくてすむ
通常コンタクトレンズの欠点
・古くなると汚れてくる。
・紛失などの時、再購入が必要

recommend

Last update:2014/10/16

コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄  

ケアの必要性 ドライアイとは 目のトラブル 目のケア Q&A  TOP