初めてコンタクトつける時ってドキドキですよね。うるおい大切な目を大事にしましょう。
あなたで
無料カウンター人目
コンタクトでイメージチェンジ  
コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄 ケアの必要性
 
TOP
ドライアイとは
目のケア
トラブル
Q&A
 
ケアの必要性

必ず正しい洗浄方法を行ってください!!

コンタクトには大敵である汚れ。
体外の汚れ
汗、ほこり、化粧品、タバコのけむり、レンズに触れる指先に付いている汚れなど。また、もう一つの外からくる汚れである、カビや細菌などの「雑菌」は、消毒が必要とされる汚れです
体内の汚れ

体内からの分泌物に含まれるタンパク質、脂質、カルシウムなどの汚れは、それぞれの成分が複雑にまじり合っていて、涙を通してレンズの表側にも裏側にも簡単に付着してしまいます。

体の中からくる汚れの一種であるタンパク質は、もともと目に悪いものではないですが、コンタクトレンズを使っている間に空気に触れて酸化したり、乾燥によって固着したり、紫外線や体温の影響で「変性タンパク質」に変化していきます。この「変性タンパク質」は、装用感を悪くしたり、レンズをくもらせるだけでなく、放っておくと角膜(黒目の部分)を傷つけたり、アレルギー性の結膜炎を引き起こす原因になることもあります。

涙の中の塩分に含まれている小さな固い部分で、他の汚れの成分と混じってレンズに付着します。カルシウムがレンズに固着するときれいに落とすことは難しく、無理に取ろうとするとレンズの表面に小さな穴が開いてしまいレンズが使えなくなることもあります



化粧品の成分、コンタクトレンズを扱う手の汚れ、タバコの煙による汚れなどが付着することがあります。
実際にはこれらの汚れが複合して、コンタクトレンズの汚れを形成します。毎日のケアを怠ったり、長期間コンタクトレンズを使用すると汚れが蓄積してきます。

付けおきだけの洗浄だけじゃ、落とせないしつこい汚れはこすり洗いが必要になります。理的に汚れを落とすことです。洗浄成分を含む専用のケア用品を使い、こすり洗いをすることによって、体の外から付着してくる汚れはもちろんのこと、脂質やカルシウムといった体の中から分泌される汚れのほとんどをきれいに落とすことができます。体の中からくる汚れの一種であるタンパク質は、他の種類の汚れと違って通常の洗浄成分では落としきることのできない少しやっかいな汚れですが、タンパク質専用のケア用品を使って落とすことができます。

汚れ落としが不十分な場合にはこんな症状があります。
  ・夕方になるとレンズがくもって視界がぼやける。
  ・午後になると目が乾いて目薬の回数が多くなる。
  ・夜、レンズが目にくっついてなかなかとれない。
このような不具合は、ほとんどの場合たんぱく除去を行うとよくなります。

この汚れが付着したまま装用していると目のトラブルを招きます。 目のトラブル→
                               

注目サイト

マピオン
http://www.mapion.co.jp/
クリーニング 宅配
https://cloak.royal-cleaners.co.jp/
スタイルカーテンを探す
http://www.c-deco.jp/

Last update:2015/4/24

 

コンタクト初心者 レンズの種類 快適に過ごすには 毎日の洗浄  

ケアの必要性 ドライアイとは 目のトラブル 目のケア Q&A  TOP